FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後場と日経平均の動き☆

☟☆後場の動きと見通し☆☟

23日午前の日経平均は小幅続伸。

欧米株高を好感し買い先行の展開から上げ幅を拡大するも、東京時間に入ってドル円が鋭角的に円高に振れたことを嫌気して失速、

マイナス圏に沈んでいました。
ただ、上昇分を消失したところでは下げ渋る動きもみせ、プラスを確保して前場を終了。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり603/値下がり1222。

業種別では騰落率上位は鉄鋼、非鉄金属、鉱業で、下位は水産・農林、食料品、証券・商品先物。

ドル円がかなり荒い動きとなったことから警戒感は強まりやすく、後場も為替からは目が離せないポイントでもありますね。

前場のような動きが出て112円を割り込み円高加速となれば、さすがに厳しい展開が想定で出来ますね。

ただ、一気に値を消し下げにまで転じたにもかかわらず、そこで踏みとどまったのは特筆の動き。

円高一服なら再度上昇の勢いを強める可能性もあると考えておいた方がいいですね。円高進行の割には外需銘柄にしっかりした動きが見られており、

為替の動きと併せて外需の動向を注視しておきたいところですね。

個別では、下値を切り上げ25日線を上回ってきた安川電機(6506)、前場で4.2%高と動きの良さが際立つパナソニック(6752)などの動きに注目。

日経225先物は高値16340円、安値16060円。

一目均衡表の基準線(16350円)に上値を抑えられる形で伸び悩んでいました。

為替が円高傾斜し、ドル円が一時112円の節目ちょうどまで下押すと、マイナス圏に沈む場面もあり。

米財務省がG20で通貨安競争回避を主張するとのニュースや石原経済再生相の「競争的な通貨切り下げは望ましくない」との発言がドル円の売りに拍車をかけていたようです。

午後も材料難の中、上値の重い展開か。

ドル円が明確に111円台に沈むとボリンジャーバンド(25日平均)のマイナス1シグマ(15929円)までの下落も想定出来ますが、

ひとまず5日線(16030円)と16000円の心理的節目はサポート機能すると考えてみておきましょう。

午後のレンジは16000円~16250円(オプション行使価格)までを予想しこのあたりと考えます。




いつもブログ御覧頂き有難う御座います<(_ _)>。

!!リンリンシグナルと注目銘柄を発表中!!

リンリンシグナルはこちらから☆と「注目個別銘柄」を書いちゃってます☆!!

音譜公開先はこちらのプロフィールの中音譜

ブログランキング・にほんブログ村へ

☝こちらからどうぞ☝



いつもブログ御覧頂き有難う御座います<(_ _)>。

閲覧されている方皆さんにお聞きしたいことがありましたので簡単に☆

検証先についてアンケートにご協力ください(´・ω・`)


☟☆投資顧問の検証先をLet's投票大作戦☆☟

アンケートはこちらから☞


☆問い合わせはこちらからです☆





個人的見立てを書いてるだけなので、参考にどうぞ<(_ _)>


取引に関しては最終的には自己責任ですから、そこに関して問い合わせもらっても何もないです<(_ _)>
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。